ニュース

「バイレード」から家でホリデー気分を満喫できる新キャンドル

 フレグランスブランド「バイレード(BYREDO)」は、ホリデーコレクションからルームフレグランスを11月1日に発売する。「バイレード」販売代理店および公式サイトで販売する。

 キャンドル「チャイ ラテ」(8800円)は、インド半島の紅茶習慣に着想し、スパイスをブレンドした茶葉とミルクが温かい香りで包み込むマサラチャイを表現した。トップノートにジンジャーゼストやカルダモンを、ミドルノートにお香やマテ、ベースノートにグアイアックウッドやバーチツリーを調香した。

 また、香りの強さが異なる3種類のキャンドルをセットにした「ミニキャンドルギフトセット」(1万2900円)もラインアップ。ライト、ミディアム、ストロングの3段階の香りを時間帯によって使い分けることができる。スミレをイメージした3種類のノート「ミニキャンドルセット ラ セレクション ヴィオレット」と、サンダルウッドやシダーウッドの温かみのある香りが特徴の「ミニキャンドルセット ラ セレクション ボワ」の2種をそろえる。

 その他、ルームスプレー「ルームスプレー フルール ファントム」(1万2900円)も発売。アーモンドのような香りのヘリオトロープとスエードの柔らかい香りが上品なグリーンブレンドのフレグランスだ。

 「バイレード」は、9月に英ロンドンと米ニューヨークに旗艦店をオープンした。ロンドン店は大規模店舗(2フロア、200平方メートル)で、フレグランスをはじめ、革製品やアイウエアなど豊富なアイテムを用意する。また、コラボレーションプロジェクトの展示やイベントを開催できるギャラリースペースも併設する。パリ店は、創業者兼クリエーティブディレクターのベン・ゴーラム(Ben Gorham)がデザインした家具が置かれるなど「バイレード」のアイデンティーを表す内装だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら