ニュース

東京・青山のラボで開発するオーガニックブランドが初のコスメ 新ヘアケアは現代人のストレスに対応

 カラーズが展開するオーガニックヘアケア中心のブランド「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」は、ブランド初のコスメアイテムを11月1日に発売する。

 初のコスメはコスモスオーガニック認証を取得したリップアイテム2種が登場。「カラーリップスティック」(648円)は100%天然由来成分、95%オーガニック原料を使用。着色にこだわり、100%天然石由来発色の4色(グレースフルローズ、センシュアルローズ、ノーブルローズ、バーニングローズ)をそろえた。加えてパッションフルーツとヒマシオイルで保湿効果と艶感をかなえ、ネロリやイランイランの精油をブレンドしたフローラルな香りが特徴だ。「精油リップスティック」(555円)はペパーミントとローズマリー精油の「スーパーリフレッシュクリア」など3種の香りから選べる。

 また同日、ヘアケアアイテムの限定品「スーパーリフレッシュ リセット シャンプー&ヘア トリートメント」(3088円)も発売する。ストレスの多い現代人に向け、プレッシャーを感じたり、気力が湧かない、集中力が続かないといった憂鬱な気分の日のために、マンダリンとパルマローザ精油の柑橘の香りを調香。また、補修に優れたホホバ種子オイルやシア脂を配合し、乾燥やダメージを受けた髪を艶やかな髪へ導く。ボトルはイラストレーターの根本有華のイラストを使用した。

 12月3日には植物オイルを使用した「精油ボディオイル スーパーリラックス ジェントリー」(90mL、1600円)も発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら