ニュース

マツキヨPBのオーガニックコスメ「アルジェラン」が初のカラーメイクを限定発売

 マツモトキヨシホールディングスは10月11日、プライベートブランド(PB)「アルジェラン(ARGELAN)」から初のカラーアイテムである「カラーリップスティック」(全2色、各648円)を数量限定で発売する。取り扱うのは、一部店舗を除くマツモトキヨシグループ全店。

 同商品は、合成着色料や合成香料を使用せず、蜜ろうやヒマワリ種子油など100%天然由来成分を使用したカラーリップクリームで、オーガニック認証のコスモスを取得した。深みのあるアンティークレッドと透明感のあるニュアンスピンクの2色をそろえ、チークやアイシャドウとしても使用できる。オーガニックヒマシ油やヒマワリ種子油が乾燥した唇を保湿しながら滑らかに整え、石けんでメイクオフできる肌に優しい設計となっている。

 その他、秋冬限定商品として同日に、国産の米ヌカから抽出したライスブランオイルやアフリカ産のオーガニックマカデミアナッツオイルなどを配合した「モイスト クレンジングオイル」(150mL、1000円)を数量限定で発売。11月11日に「オーガニックベルガモット&ジンジャー ダメージリペア シャンプー&トリートメントセット」(各500mL、3010円)と「アロマ ボディソープ モイスト ベルガモット&ジンジャー」(500mL、925円)を数量限定発売する。

 「アルジェラン」はオーガニックコスメ「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」を製造・販売するカラーズが、本格的なオーガニックコスメを心地よい使用感と日常使いできる価格で提供することを目的に、マツモトキヨシグループ専売品として開発。100%精油調香による、アロマテラピーをコンセプトにしたヘアケアやボディーケアを展開し、2012年10月の販売開始から18年5月までの累計販売個数が1000万個を突破した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら