ニュース

累計1000万台超えの「ヘアードライヤー ナノケア」 ミネラルマイナスイオンの発生量が2倍に

 パナソニックは、「ヘアードライヤー ナノケア」の新製品「EH-NA9A」を9月1日に発売する。ルージュピンク、カッパーゴールド、白の3色をラインアップし、価格は各2万1000円(編集部調べ)。

 「ヘアードライヤー ナノケア」は、髪を乾かすだけでなく、髪のケアができる製品。2005年の発売以来、髪を美しくしたいという要望に応え、今年4月に国内累計販売1000万台を突破した。

 「EH-NA9A」は、独自の微粒子イオン“ナノイー”と、2つの亜鉛電極から発生するミネラルマイナスイオン(ダブルミネラル)がキューティクルを引き締め、髪の摩擦ダメージや紫外線の影響を抑えてしっとりまとまる髪へ導く。

 また、ミネラルマイナスイオンの発生量が従来品(17年発売の「EH-NA99」)の約2倍になる“電位シフト方式”を新たに採用した。電位シフト方式とは、ミネラルマイナスイオンが発生して放出されるまでの間のイオンの消失を抑制することにより、ミネラルマイナスイオンの発生量を増やす方式。それによって、髪の潤い、艶、まとまりなどの効果実感が向上する。

 キューティクルが開いた状態では水分などが減少し、髪は傷みやすくなるが、同製品はナノイーとダブルミネラルの効果でキューティクルの密着性を高め、摩擦ダメージや紫外線に強い髪へと導く。