ファッション

演劇とシューズが“共演” 「マームとジプシー」がドイツの「トリッペン」とコラボ

 藤田貴大が主宰する演劇団体「マームとジプシー(mum & gypsy)」は、ドイツのシューズブランド「トリッペン(TRIPPEN)」とのコラボ演劇「BEACH」を8月24日~9月2日、東京・原宿のVACANTで開催する。

 両者のコラボは、昨年4月に新宿のルミネ0で開催した「sheep sleep sharp」に次ぐ2度目。「トリッペン」はビジュアルのイメージや作品のコンセプト作りに携わり、同劇のための木底ソールサンダルを制作している。出演者の石井亮介、川崎ゆり子、中村夏子、成田亜佑美、長谷川洋子、吉田聡子らが着用して登場する予定だ。チケットはドリンク付きで前売り3500円、当日券4000円。

 また会場のVACANTは、8月24日にリニューアルオープンし、同劇はこけら落としとなる。8月28~30日の公演終了後には、記念トークショーを行う。脚本と演出を手掛けた藤田貴大の他、VACANTや「トリッペン」の担当者、ブックデザイナーの名久井直子、写真家の井上佐由紀らが登壇する。チケットの購入者は誰でも入場可能。

 「マームとジプシー」は、演劇作家の藤田貴大が2007年に立ち上げた演劇集団。俳優やテクニカルスタッフはほぼ同じメンバーで活動するがカンパニー化をせず、作品ごとに出演者とスタッフを集めて公演を行っている。12年からは、ほぼ2カ月に1本のペースで演劇作品の発表をし続ける。注目される俳優の起用の他、ファッションデザイナーやアーティストとのコラボレーションも話題を集めている。

■BEACH
日程:8月24日~9月2日
時間:8月24日、28~31日19:30~、25~26日、9月1日14:00~ / 18:00~、9月2日14:00~
休演日:8月27日
場所:VACANT
住所:東京都渋谷区神宮前3-20-13
入場料:当日4000円 / 前売り券3500円

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら