ファッション

「ビルケンシュトック」がベルリンの老舗陶磁器メーカーとコラボ 1200足を限定発売

 「ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)」は、1763年に創業したベルリン王立磁器製陶所(KONIGLICHE PORZELLAN MANUFAKTUR BERLIN GMBH以下、KPM)とコラボしたサンダルを発売した。

 同コラボコレクションでは、KPMの伝統的なパターン“クールラント ロイヤル ノワール(Kurland Royal Noir)”が施された“アリゾナ(Arizona)”“ギゼ(Gizeh)”のサンダル2型を、ブラックとゴールドの2色でそろえた。それぞれ300足限定で、ベルリンの老舗百貨店カーデーヴェー(KaDeWe)で6月9日まで開催しているポップアップストアと「ビルケンシュトック」の公式ECサイトで各280ユーロ(約3万6000円)で販売中だ。また、サンダルと同じ“クールラント ロイヤル ノワール”が施された陶磁器のカップとソーサーのセットも、1190ユーロ(約15万2000円)で販売している。

 同コラボを記念し、5月24日にはカーデーヴェーでカクテルレセプションと、KPMの工場の作業部屋を陶磁器に囲まれたダイニングルームに変え、ディナーパーティーを開催した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら