ファッション

「リトゥン」最新コレクションシリーズは“魔女” インスタレーションを一般公開

 「リトゥンアフターワーズ(WRITTENAFTERWARDS)」は22日まで、2019年春夏のインスタレーション“For Witches”を東京・東品川のテラダ アート コンプレックス(TERRADA Art Complex)内のギャラリーで開催している。会場には、“近代の家庭生活を体験した魔女”のアートピースをはじめ、“現在に生きる魔女のための衣服”をイメージした「リトゥンアフターワーズ」と「リトゥン バイ(WRITTEN BY)」の新作を展示している。この“For Witches”は、昨シーズンまで3季連作の“フラワーズ”に続く最新コレクションシリーズで、過去から現代まで“いつの時代も社会は魔女性を必要とする”という考えに基づいた連作になる予定だ。21、22日の2日間は一般公開し、ウエアの受注も行っている。

 コンセプチュアルなアートピースは、ウエディングドレスを着た魔女とその夫がミイラ化した作品。4体の魔女のミイラはそれぞれ料理、トイレ掃除、アイロンがけ、ゴミ出しなど家事をしている姿で、魔女に怒られた設定の夫のミイラは、ネクタイを跳ね上げて床に倒れており、山縣良和デザイナーならではのウィットを効かせている。トイレ掃除をしている魔女のアートピースには温水洗浄便座のトイレがセットになり、アイロンがけをする作品にはバラ柄のアイロン台を一緒に付けている。また同コンセプトのミイラのアートを額に入れた作品を5点や、加工したビンテージウエディングドレスを披露している。アートピースは一部販売中で、魔女と夫のミイラの5体セットで300万円、額に入ったアート作品は各20万円。

 「リトゥンアフターワーズ」は、オールホワイトのドレス(4万8000~25万円)やアウター(5万2000~10万8000円)、ブラウス(6万2000~8万8000円)、パンツ(4万8000円)、付け襟(5万8000~10万8000円)などをそろえている。「リトゥン バイ」ではグラフィックTシャツ(4200~4800円)やスエット(6800~7200円)など手頃な価格帯の商品を並べている。

 山縣デザイナーは「アメリカのトランプ政権の影響もあるが、世の中は保守的なムードが強まる中、女性の生き方が変わっている。さまざまな文化がある中で、異分子を排除するのはよくないことだと思う。魔女も過去には差別を受けてきたという歴史がある。一言では説明できないことだが、彼女たちのような存在を通してダイバーシティーを表現したい」と語った。また、アートギャラリーで発表する理由を「僕のモノ作りは特殊で、一般の販売ルートに乗せることが難しい。ファッションだけでないアートをコンテンポラリーギャラリーで展示することで、ギャラリストの人々も巻き込み、ファッションだけでない違う歯車になるように挑戦していきたい」と明かした。

■"For Witches"
日程:バイヤー・プレス限定7月18~20日/一般公開日21~22日
時間:11:00~19:00
場所:URANO
住所:東京都品川区東品川1-33-10 テラダ アート コンプレックス3階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら