ファッション

“アントワープ・シックス”の伝説的デザイナーが14年ぶりに復帰 東京・渋谷のライラ トウキョウとタッグ

 1980年代にドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)やアン・ドゥムルメステール(Ann Demeulemeester)らと共に“アントワープ・シックス(アントワープの6人)”としてファッション界に衝撃を与えたデザイナーのマリナ・イー(Marina Yee)が復帰する。東京・渋谷にあるコンセプトショップのライラ トウキョウ(LAILA TOKIO)と「エムワイ・プロジェクト(M.Y. PROJECT)」を立ち上げ、2018-19年秋冬コレクションとして2型のシャツ(4万7000円)、コート2型(15万8000円・17万6000円)の全4型を発表した。

 マリナがコレクションを発表するのは04年以来で約14年ぶり。この14年間マリナはアートワークやウエアの制作は続けていたが、世の中に出していなかったという。今後「エムワイ・プロジェクト」として継続的にコレクションを発表していく予定で、限られたバイヤー向けに19年春夏のコレクションの展示会を東京とパリで行い、卸を開始する。卸先は国内外で約10店を見込む。

 ハシウラヒデオ・ライラ トウキョウ ディレクターは「約5年前にアントワープ・シックスの企画展を見て、マリナのアーカイブに出合ったことから始まった。当初は本人について調べたが情報がほとんどなく、何をしているかも分からなかった。3年前にコンタクトすることができ、そこからアントワープやフランスで打ち合わせを重ね、2年間かけて実現することができた。本物のデザイナーをもう一度世の中に紹介できるきっかけを作りたかった」と語る。
 
 ライラ トウキョウでは9月9日まで、マリナ・イーのインスタレーションを開催している。店舗をジャックする形で、「エムワイ・プロジェクト」の商品の他、マリナ・イーのアーカイブ作品や今回の来日に合わせて制作したアートワークなどを展示している。

■EXPOSITION MARINA YEE at LAILA TOKIO
日程:9月9日まで
時間:12:00〜20:00
場所:LAILA TOKIO 2階
住所:東京都渋谷区渋谷1-5-11

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら