ファッション

本人も収集に携わったマルジェラ回顧展がパリで開幕

 マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)の回顧展「マルジェラ ガリエラ - 1989/2009(Margiela Galliera - 1989/2009)」が3月4日〜7月15日の会期で、パリのガリエラ美術館(Palais Galliera)で開催される。フランスで初のマルジェラの大規模展になる同回顧展は、現在60歳のマルジェラ本人も展示品の収集に携わった。

 ガリエラ美術館は、ヨーロッパで初めて「メゾン マルタン マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA)」のコレクションを買い入れた美術館だ。セカンドコレクションから収集し始め、今となっては非常に貴重な最初の5年間のコレクションもほぼ全ての作品がそろっているという。400点ほどのコレクションを所蔵しており、回顧展ではさらに長年「マルジェラ」のイタリアにおけるセールスパートナーを務めていたヴィッキー・ロディティス(Vicky Roditis)などのコレクターが貸し出した200点の他、「メゾン マルタン マルジェラ」が「メゾン マルジェラ」に改名した後のコレクションのプロトタイプも展示する。

 全130ルックがマネキンに着せられ、年代順に展示される。中には日本人写真家、都築響一にインスパイアされた3つの部屋「ファンルームズ(fan rooms)」も用意する。それぞれの部屋は想像上のもので、コレクションのタイムカプセルとして機能するという。展覧会は、マルジェラ本人が手掛けた最後のコレクションとなった20周年コレクションで締めくくられる。

 「この回顧展は、彼の仕事の一貫性を見ることができる。全て見終わった後、クリエイティブな旅を目撃したように感じるだろう」と語るのは、同回顧展のキュレーションを監修したアレクサンドル・サムソン(Alexandre Samson)=ガリエラ美術館コンテンポラリー・コレクションズ・ディレクター。彼は「マルジェラは、2008年にブランドを去った。全てのアイデアを探求しつくしてしまったからだ」と話す。

 同回顧展は、ガリエラ美術館が改装に入る前の最後の展覧会になり、改装後は「シャネル(CHANEL)」がスポンサーにつき、常設展示スペースを地下に設ける。

 さらに、この回顧展と並行してパリ装飾美術館(Les Arts Decoratif)では、マルジェラの「エルメス(HERMES)」のウィメンズウエアのアーティスティック・ディレクターとしての仕事に焦点を当てた展覧会「マルジェラ:エルメスイヤーズ(Margiela:HermesYears)」が3月22日〜9月2日の会期で開催される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら