ニュース

ドリス・ヴァン・ノッテンを丸裸に 初のドキュメンタリー映画が公開

 映画「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」(原題:DRIES)が2018年1月13日に公開される。ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)やミシェル・オバマ(Michelle Obama)を顧客に抱えるドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)の、2015年春夏から16-17年秋冬メンズまでのクリエイションに迫ったドキュメンタリー映画だ。

 ランウエイの舞台裏からアトリエ、芸術品に囲まれたベルギーの自宅にいたるまで、あらゆる場面に密着。私服姿や、家庭菜園の野菜を自ら調理する様子などを通して本人の人柄にも迫る。

 音楽は2014年春夏コレクションでパフォーマンスを披露したレディオヘッド(RADIOHEAD)のコリン・グリーンウッド(Colin Greenwood)が担当した。ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館を皮切りに全国で順次公開される。

あなたにオススメ