ファッション

「ミスター・ジェントルマン」からフォトジェニックなシャンプーが登場

 「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」は2月25日、オーガニックコスメブランド「ザ パブリック オーガニック(THE PUBLIC ORGANIC)」とのコラボシャンプー&トリートメントを発売した。同商品は、植物療法に基づいて開発された「ザ パブリック オーガニック」のシャンプー&トリートメントのボトルを、「ミスター・ジェントルマン」が黒を基調とした艶のあるデザインとシンプルなマットのラベルにデザイン。オレンジとユーカリより抽出した精油100%で香りづけすることで、植物が持つ力によって自然治癒力を高め、さまざまなトルブルから肌と心を解放する。価格は1544円(500mL)。ザ・コンテンポラリー・フィックス東京店と京都店、ボンジュール レコード代官山店、新宿店、名古屋店、福岡店で取り扱う。

 「ミスター・ジェントルマン」は、オオスミタケシと吉井雄一がデザインを手掛ける。2人が日常で好むベーシックなスタイルをコンセプトに、2012年春夏コレクションよりデビューした。

【関連記事】
■「ミスター・ジェントルマン」2017年春夏コレクション
■SNSで話題のカラーシャンプー 人気サロンも愛用する「カラタスシャンプー」
■「サタデーズNYC」がヘアスタイリング商品をローンチ
■今売れているのはハンドクリームにもなるヘアワックス

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら