ファッション

「ミスター ジェントルマン」2015年春夏東京 イノセントな東京ジェンツの目に映った色鮮やかな旅の風景

 夏の旅を思い出を、鮮やかなカラーパレットを取り入れながら振り返った。ウエアはいたってシンプル。ハイブリッドが得意なブランドらしい東京的ミックス感覚をふんだんに発揮しながら、アメカジやブリティッシュ、エスニックといった世界各地のカルチャーをリミックスし、旅の軌跡をたどるコレクションに仕上げている。

 まず向かったのはアメリカ。ノーレイヤードのシンプルな“ノームコア”スタイルだ。Tシャツにはメッシュのカーゴポケット、白シャツにはフードでキュートなアクセントをつけるのが「ミスター」流。ヒップホップなストリートスタイルも、パステルトーンでレイヤードした。

 雨が多いロンドンの旅では、曇り空の下で見たダスティなマカロンカラーに変化。くすんだターコイズのレインコートには膝上のショーツ、そして片手に持ったギンガムチェックの傘が必需品だ。紳士ならではのサスペンダーベルトには、ポーチをプラス。半袖にカットしたビッグシルエットが新鮮なラベンダーのライダースなど、強い印象になりがちなレザーアイテムもカラーとシルエットで遊んでいる。街並みを大胆にプリントしたテーラードジャケットは、ヨーロッパの旅のハイライトになった。

後半には、イスラムのアラベスク模様をちりばめたエレガントなコートが登場。レザーのジャケットとムースのスラックスを合わせ、ルールに縛られない東京ならではのレイヤードでひねりを加えた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら