ファッション

「ヴァーサス トーキョー」初のポップアップショップを伊勢丹新宿店にオープン 「ファセッタズム」「シーイー」などの限定アイテムを販売

 ザ・コンテンポラリー・フィックス(THE CONTEMPORARY FIX)の吉井雄一がスペシャルオーガナイザーを務めるファッションイベント「ヴァーサス トーキョー(VERSUS TOKYO)」は、2月11?16日に伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージでポップアップショップをオープンする。「ファセッタズム(FACETASM)」「シーイー(C.E)」など「ヴァーサス トーキョー」馴染みのブランドが限定アイテムや新商品を販売する。

 「ファセッタズム」は、2015年春夏コレクションから「M65 ダブルジャケット」を今回のポップアップショップ限定のカモフラ柄で用意。「シーイー」は資生堂のアートディレクションを手掛ける仲條正義とのコラボ商品を販売する他、オリジナルパッケージの「ミルフィーユ オ ショコラ」や、ファッションアイテムなどをそろえる。また、「ミスター・ジェントルマン(MR.GENTLEMAN)」は前回のメルセデス・ベンツ・ファッション・ウィーク トウキョウで配布した銀座コージーコーナーとのコラボレーションシュークリームをオリジナルボックスに入れて販売する。この他にも「タロウ ホリウチ(TARO HORIUCHI)」や「トーガ ビリリース(TOGA VIRILIS)」などの東京ブランドがオリジナルアイテムをそろえており、バレンタインのギフトとしても提案。期間中、資生堂メンの商品を2点以上購入した人には「ヴァーサス トーキョー」と資生堂メンのオリジナルポーチをプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら