ファッション

堀内太郎の「ティーエイチプロダクツ」がウィメンズを始動 「タロウホリウチ」は20-21年秋冬で休止

 堀内太郎が手掛ける「ティーエイチプロダクツ(TH PRODUCTS)」は、2021-22年秋冬から新たにウィメンズをスタートさせる。20-21年秋冬をもってウィメンズブランド「タロウホリウチ(TARO HORIUCHI)」は休止し、「ティーエイチプロダクツ」に専念する。

 定番のウールギャバジンのテーラリングシリーズにスカートとワンピースを加えるほか、各アイテムに女性向けサイズを用意してジェンダーレスなコレクションにする。「メンズとウィメンズの境界はどんどん無くなっている。僕自身ウィメンズのデニムを当たり前に履くし、メンズ向けだった『ティーエイチ』を日常使いする女性客も多かった。性別を意識せず、良いと思った洋服を作るだけ」と堀内デザイナー。

 21-22年秋冬は、モールスキン素材のシャツコートやフレンチビンテージをイメージしたデニムアイテムなど、ビンテージに着想したアイテムも増やした。「年代に関係なく、プロダクトとして価値のあるものを提案したい。膨大な古着のアーカイブからピックアップし、ディテールやシルエットを変えて現代的にアップデートするのが僕の仕事だ」。浅草の工房と協業したレザーグッズや、福井・鯖江の工場と組んだアイウエアなど雑貨もそろえ、「コレクションの間口を広げてより多くの人に届けたい」。

 「ティーエイチプロダクツ」は、堀内デザイナーが「自分自身が着たいと思える服が作りたい」と考えて18年に設立した。黒や白、グレーを基調とし、テーラリングをベースとしたミニマルなクリエイションが持ち味だ。日本製にこだわり、コートで12万円前後、ジャケットで5〜9万円、パンツで3〜5万円という価格帯で、立ち上げから3年で約35アカウントまで拡大している。休止する「タロウホリウチ」は約45アカウントに卸していたが、「『ティーエイチプロダクツ』は性別を超えて支持されるポテンシャルがある。休止した売り上げもカバーできる」と自信を見せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら