ファッション

「ゾゾタウン」がビッグメゾンやデザイナーズを集積したエリアを開設 「ロエベ」や「ドリス」など90ブランド

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」は、高級ブランドやデザイナーズブランドを集積した「ゾゾヴィラ(ZOZOVILLA)」を3月18日に開設する。「ロエベ(LOEWE)」や「クロエ(CHLOE)」、「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」、「ラフ・シモンズ」、「カラー ビーコン(KOLOR BEACON)」など国内外の90ブランドを扱う。「ゾゾヴィラ」は2010年に開設したが、14年から「ゾゾタウン」に統合されていた。

 「ゾゾヴィラ」は、“服好きな全ての人が楽しめる場を”という思いのもと、これまで「ゾゾタウン」に限定出店や単独出店経験のあるブランドや、新規で扱う気鋭ブランドなど、約1万4000品番を用意する。またシーズンごとの注目ブランドやアイテムの特集をはじめ、ファッション、シューズ、コスメのカテゴリーにフォーカスした企画など、6つのコンテンツを発表する予定だ。

 キービジュアルは、現代アーティストの井田幸昌氏が手掛けた。オープンを記念して、同氏の直筆サイン入りポスター(15万円、税込)を100部限定で3月18日12時に予約販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら