ファッション

「スレトシス」2015年春夏東京 トラ柄着こなすラムちゃんがモデル 80’sムードをエネルギッシュに表現

 スパイラルガーデンで発表された「スレトシス(SRETSIS)」のショーは、ロックバンドPLASTICZOOMSのライブパフォーマンスでスタートした。ネオンライトで照らされた会場では、カクテルが配られた。今季のテーマは、“ラナウェイ ラム(The Runaway Rum)”。アニメ「うる星やつら」の主人公で鬼型の宇宙人ラムちゃんと、海外アニメ「jem and the Holograms」に登場するガールズバンドの衣装などをインスピレーション源にした。

 オーバーサイズのジャケットや、ゆるく羽織ったシャツなど、80年代のスタイルをベースに、サンタモニカのビーチやナイトシーンを楽しむ女の子たちを表現。雷や、ローラースケート、ヤシの木など、ポップなモチーフを散りばめたカラフルなアイテムや、ライブ演奏が当時のムードを盛り上げた。大きく雷柄をプリントしたネオンカラーのラメジャケットや、リゾート感のあるウェアラブルなセットアップ、ボーダープリントにイラストをのせたシャツやワンピースを提案。ラムちゃん愛用ビキニを思わせるトラ柄のジャンプスーツは、思いきりショート丈にした。CDディスクのようなネオンライト付きイヤリング、ソールにローラーを描いた厚底ブーツと、遊び心満載の小物を身につけたモデルがバッドガールを演じた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら