ファッション

「スレトシス」2016-17年秋冬コレクション・ローンチパーティー

 タイ出身の3姉妹が手掛ける「スレトシス(SRETSIS)」は9月10日、海外唯一の旗艦店である表参道店で2016年秋冬コレクションのローンチパーティーを開催した。「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト2016」に合わせて実施した同パーティー。マドモアゼル・ユリアがDJプレイを行った他、同ブランドのアイテムを着用した池田エライザや菅沼ゆり、田中シェン、Mappyら多数のモデルが訪れた。

 「スレトシス」は02年にニューヨークでブランドをスタート。次女のピム・スクハフタがデザイナーを務め、三女のジマティナ・スクハフタがジュエリーデザイナー、長女のクライ・スクハフタがマーケティングを担当している。今シーズンのテーマは、「ロミオ&ジュリエット」のような愛し愛されることを怖がらない“恐れない恋人たち(Tamed Lovers)”。ブランドらしいレースや動物刺しゅうなどのドリーミーなディテールに、相反するものが惹かれ合う様子をフェイクレザーとレースや、ダークカラーとパステルカラーなどで表現した。

【関連記事】
年に一度のおしゃれ番長決定祭「FNO 2016」ストリートスナップ
「フルビーケー」が「オープニングセレモニー」とのカプセルコレクションを発売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら