ファッション

「スレトシス」2016-17年秋冬コレクション・ローンチパーティー

 タイ出身の3姉妹が手掛ける「スレトシス(SRETSIS)」は9月10日、海外唯一の旗艦店である表参道店で2016年秋冬コレクションのローンチパーティーを開催した。「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト2016」に合わせて実施した同パーティー。マドモアゼル・ユリアがDJプレイを行った他、同ブランドのアイテムを着用した池田エライザや菅沼ゆり、田中シェン、Mappyら多数のモデルが訪れた。

 「スレトシス」は02年にニューヨークでブランドをスタート。次女のピム・スクハフタがデザイナーを務め、三女のジマティナ・スクハフタがジュエリーデザイナー、長女のクライ・スクハフタがマーケティングを担当している。今シーズンのテーマは、「ロミオ&ジュリエット」のような愛し愛されることを怖がらない“恐れない恋人たち(Tamed Lovers)”。ブランドらしいレースや動物刺しゅうなどのドリーミーなディテールに、相反するものが惹かれ合う様子をフェイクレザーとレースや、ダークカラーとパステルカラーなどで表現した。

【関連記事】
年に一度のおしゃれ番長決定祭「FNO 2016」ストリートスナップ
「フルビーケー」が「オープニングセレモニー」とのカプセルコレクションを発売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら