ビューティ

BCLカンパニーがオーガニックスキンケア「エルバビーバ」取得 11月から販売

 スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニーはこのほど、アメリカ発オーガニックスキンケアブランド「エルバビーバ(ERBAVIVA)」と日本における輸入販売事業の委託契約を締結した。11月17日から販売する。

 同ブランドは1996年9月にカリフォルニアで誕生し、今年25周年を迎える。自然と調和しながら人々の生活を向上する製品にこだわり、原料はもちろんそれらが育つ土や、ボトリングし消費者の手に届くまでの全ての工程で「持続可能で環境に配慮する」原則を貫いている。日本には2012年に上陸し、「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS)」を手掛けるジョンマスターオーガニックグループが百貨店やオーガニックコスメのセレクトショップなどで展開してきた。

 今回、「大きな転換期を迎えている時代の流れとリンクしながら、未来に続く次世代の美としてBCLカンパニーが掲げる“サステナブルスタイル”にふさわしいブランドである」(同社)ことから取り扱いを始める。同社は“サステナブルスタイル”の新プロジェクトとして11月の発売までに25周年企画などいくつかのプランを進める計画だ。

 BCLカンパニーは、1979年に化粧品事業参入し、2016年から輸入化粧品ブランドの取り扱いをスタート。現在、「ウーマンエッセンシャルズ(WOMAN ESSENTIALS)」「ゼットエマ(Z&MA)」などを扱い、「エルバビーバ」は5つ目の輸入化粧品ブランドとなる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら