ファッション

女性誌で活躍するプロによるメイク&撮影イベント「マム.スタジオ」 母子が成長する今を一枚に

 みなさんは家族写真を何枚持っていますか?世代の違う4姉妹6人家族の私は、家族そろっての撮影は旅行以外でほとんどしてなく、3歳の息子ともあまり撮れていないなぁと。そんなことを思うきっかけになったのが、インスタグラムで話題の母子の愛らしい写真。一般的な写真館で撮影した家族写真とは違う、子どもの自由でありのままの動きや無邪気な表情、ママの何気ない笑顔、そしてファッション誌のようなおしゃれな仕上がりが魅力の理由だといいます。それらの写真は、ママとキッズの撮影会イベント「マム.スタジオ(mum.studio)」が手掛けたもの。立ち上げたのは、女性誌などで活躍するプロのフォトグラファーとヘアメイクアップアーティストというのだから、納得の評価です。

 その「マム.スタジオ」を運営するのは、ヘアメイクアップアーティストのKIKKUさんとフォトグラファーの中田陽子さん。実は2人それぞれ、0歳と1歳のお子さんを持つママです。KIKKUさんはママ層に支持される雑誌「ヴェリィ(VERY)」などで撮影時のヘアメイクだけでなく、ハウツーや悩みの特集などにも登場するなど、インスタでは多くの美容ファンをフォロワーに持ちます。また、知識と技力を活かしたノウハウで美容ブランド「ウヌヌ(UNUNU)」やヘアメイクサロンを立ち上げ、起業家としても活躍されています。中田さんは、「プレシャス(Precious)」や「オッジ(Oggi)」などでのファッション撮影や、「東京カレンダー」での女優・俳優のポートレートなどが業界でも定評があり、数々の表紙も撮り下ろす注目の女性フォトグラファー。自身の妊娠・出産を機にマタニティフォトの撮影も始めるなど活動の幅を広げています。2人は同じ時期に妊娠・出産を経験し、子育て話を通じて急接近。そうする中で、「こんなに一緒に子どもといるのに、子どもとの2ショットの写真ってないよね」「あっても、スッピンの自撮りが多いなぁ」などと話すことが増え、周りにも同じ悩みを持つママが多くいることを知り、「自分たちでできることで、たくさんのママに喜んでもらおう」と「マム.スタジオ」立ち上げを決めたといいます。

「子どもを愛するママに寄り添い、大切な時間を提供できたら」

 自分たちも子育てをするようになって、ママの仕事ってこんなに忙しいんだと気付いたという2人。「おしゃれして出かけることも減ってしまう中、コスメを新調できずに昔のヘアメイクのままになっていたり、自分の美容になかなか時間を費やせなくなったり、子育てに夢中ならばよくあることだと思うんです。でもきれいになることで、明日からも子育てがんばろうって思えたり、お子さんやパパも笑顔になれたり、きっと家族みんなの活力になると思うんです。私たちはそんなママに寄り添い、家族に大切な時間を提供できたら思っています」とKIKKUさん。ヘアメイク中には、美容に関する悩みや自分の肌に合うカラーの相談などができるとあって、プロに直接学べると参加者からは喜びの声が寄せられていると言います。「毎日育児に奮闘するママと毎日一生懸命成長していく子どもたち。子育ての日々は同じことの繰り返しかもしれませんが、同じ姿や同じ表情は一つとしてありません。そんな母子が成長する過程のひととき、ありのままの自然な姿を写真におさめたいと思っています。KIKKUさんのヘアメイクで、さらに可愛くなったママを見つめる子どもたちの顔はみんなキラキラしていますよ。家族の大切なシーンを撮影させていただくことは私にとっても感慨深い経験です」と中田さん。

 これまでの回では、モデルの東原亜希さんが手掛けるマザーの「ベビーボーン(BABY BORN)」や美容クリニック専売の化粧品メーカー「MTメタトロン(MT METATRON)」、ミネラルコスメ「オンリーミネラル(ONLY MINERALS)」が協賛し、製品提供の特典も。次回12月10日の開催では、アメリカのオーガニックブランド「エルバビーバ(ERBAVIVA)」のベビーシャンプーがプレゼントされる予定しているとのこと。今後はビューティやファッションなど幅広いジャンルの企業との協業も視野に入れつつ、撮影イベントだけでなく、ワークショップなどの開催や、女性の雇用創出の取り組みにも力を入れていきたいと2人は考えています。

家族のかけがえのない一瞬を一枚に、そして宝物に

 前回のイベントでは、私も3歳の息子と一緒に撮影会に参加させていただくことに。ファッション業界で働いてきたとはいえ、慣れないスタジオを訪れることや最新コスメがずらっと並ぶ大きな鏡の前に座ること、カメラを向けられることは全く経験がなかったため、終始緊張気味。でも、そんな私の救世主(!?)となってくれたのが息子でした。撮影イベントは、1組40分ほどで、自分のヘアメイクにKIKKUさんがプロの技でリタッチし、中田さんが子どもの目線を追いながら撮影してくれます。子どもの緊張がほぐれる、また疲れてしまう前に全てを終えるという、まさにプロのなせる技。この回では、撮影した写真をその場で印刷しフレームに入れてくれました。「子育てしてる私ってこんなにいい顔をしてるんだ」と、自分の表情にこんなにうれしく思えたことはありませんでした。今では、家族の大切な宝物に。息子も大事なおもちゃを一緒に飾ってくれています。

 参加者のお子さんの年齢は問わず、学生や成人の方でも。そして、パパの参加もOKですって。ぜひ、親子そして家族の大切な瞬間を残してはいかがですか?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。