ファッション

「ユニクロ」 × 「ジェイ ダブリュー アンダーソン」再び 第3弾を発表

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」との協業ライン“ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソン”の第3弾を3月5日にヨーロッパで、8日に日本で発売する。

 パリ・ファッション・ウイーク初日の2月25日には、デザイナーのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)を迎えた記者会見が開かれ、1シーズンぶり3回目となるコレクションが一足早く関係者に披露された。

 ジョナサンは今季のテーマを“伝統的ブリティッシュとライフウエアの融合”だと説明する。メンズとウィメンズ両ラインとユニセックスで身に着けられるアイテムをそろえたコレクションには、トレンチコートやラグビーシャツといった英国らしいアイテムが並ぶ。また、「『ジェイ ダブリュー アンダーソン』にとっても柱となる柄で、祖父がプリントデザイナーだったことからインスピレーションを得た」と話すペイズリー柄のトップスやワンピースもそろえたほか、バッグやハット、ストールなどのアクセサリーも充実している。

 今回のコレクションを制作するにあたり、「くたびれているように見せた加工や軽量な点」が特徴で、男女どちらも着用できるアイテムをそろえたことも魅力の一つだと話す。加えて、上質さと値ごろ感を両立できるのは「ユニクロ」だからこそできることで、「Democracy in Fashion(ファッションの民主化)」だと説明した。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら