ファッション

「ユニクロ」×「J.W.アンダーソン」今秋発売 メンズとウィメンズがそろう

 「ユニクロ(UNIQLO)」は2017年秋冬、「J.W. アンダーソン(J.W. ANDERSON)」とコラボしたコレクションを発売すると3月30日に正式発表した。ウィメンズ、メンズともに手掛ける。全世界のユニクロ店舗およびオンラインストアで取り扱う。

 ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)「J.W. アンダーソン」デザイナーは「『ユニクロ』といえば、多くの時間を費やし、考え抜かれたものづくりを大切にしている。彼らとの仕事は、最も優れたファッションの民主化のモデルケースだろう。また、自分のデザインをより多くの人に手に届く価格で届けられることをうれしく思います」。「ルメール(LEMAIRE)」とのコラボなども手掛けてきた勝田幸宏ファーストリテイリンググループ執行役員ユニクロ グローバルR&Dは「今、イギリスで最も革新的でクリエイティブな『J.W. アンダーソン』とコラボすることにより、人々の生活に根ざしてきた伝統ある服を、デザインや素材を進化させながら永続的なスタイルを提案する」と語った。

 ジョナサン・アンダーソンは自身の公式インスタグラムアカウントおよび「J.W. アンダーソン」のアカウントでコラボを発表し、2つの投稿にはすでに2万近くのいいね!が付いている。

 「ユニクロ」は過去にジル・サンダー(Jil Sander)とコラボしたコレクション「+J」を2009年から5シーズン手掛け、15年には復活コレクションを発売。「ルメール」とのコラボコレクション「ユニクロ アンド ルメール(UNIQLO AND LEMAIRE)」は15-16年秋冬から16年春夏まで展開していた。現在、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)「ルメール」デザイナーは、パリ発の新ライン「ユニクロ U(UNIQLO U)」のアーティスティック・ディレクターを務めている。同ラインは16-17年秋冬にデビューした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら