ニュース

「ランバン」の新クリエイティブ・ディレクターは「ロエベ」前メンズウエア・デザイン・ディレクター

 「ランバン(LANVIN)」は、「ロエベ(LOEWE)」でジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)直属のメンズウエア・デザイン・ディレクターを務めていたブルーノ・シアレッリ(Bruno Sialelli)をブランドの新クリエイティブ・ディレクターに任命した。シアレッリは、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)とアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)時代の「バレンシアガ(BALENCIAGA)」でプレコレクション・ウィメンズウエア・デザイナーを務めた後、「パコ・ラバンヌ(PACO RABANNE)」と「アクネ ストゥディオス(ACNE STUDIOS)」でシニア・ウィメンズウエア・デザイナーを務めていた。

 シアレッリは、オリヴィエ・ラピドス(Olivier Lapidus)退任後に空席となっているウィメンズと、ルカ・オッセンドライバー(Lucas Ossendrijver)退任後に同様に空席のメンズ双方を統括する後任として、以前から噂されてきた人物だ。

 ジャン・フィリップ・エケ(Jean Philippe Hecquet)=ランバン最高経営責任者(CEO)も「彼の持つ素晴らしいビジョンと大胆さ、カルチャー、エネルギー、そして強固なクリエイティブ・チームを築き上げる能力に心を動かされた」と期待を寄せる。

 「ランバン」は、「彼のメンズウエアとウィメンズウエアの境界を飛び越える能力によって、『ランバン』は性の境界を超えるラグジュアリーブランドとして確立されるだろう」とコメントした。

 ランバンを擁する中国の投資会社フォースン インターナショナル(FOSUN INTERNATIONAL)は、2015年に当時のクリエイティブ・ディレクターだったアルベール・エルバス(Alber Elbaz)の退任以降、クリエイションのトップが定着せず低迷していたランバンを17年2月に買収。同年8月にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)の要職を務めていたエケCEOを迎え、ブランド再建に努めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら