ファッション

「ランバン」のウィメンズデザイナーが退任

 ランバン(LANVIN)は、ウィメンズのアーティスティック・ディレクター、オリヴィエ・ラピドス(Olivier Lapidus)の退任を発表した。後任は未定で、当面は「ランバン」のデザインチームがコレクションを手掛ける。

 ランバンは2月末に中国の投資会社フォーサン インターナショナル(FOSUN INTERNATIONAL)に買収されている。ニコラ・ドゥルーズ(Nicolas Druz)=ランバン ゼネラルマネジャーは同職を退き、フォーサン インターナショナル傘下のフォーサン ファッション グループのマネジング・ディレクターに就任する。新CEOが決まるまで、フォーサン ファッション グループ会長兼ランバン会長のジョアン・チェン(Joann Cheng)がランバンのCEOに就く予定だ。

 ラピドスは2017年7月、ブシュラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)の後任として、「ランバン」のアーティスティック・ディレクターに就任。ジャラール同様就任後から2シーズンでの退任が決まり、デザインを担当したのは18年春夏と、18-19年秋冬の2シーズンだけだった。ラピドスは今後、自身のブランド「メゾン ラピドス(MAISON LAPIDUS)」に専念する。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら