ビジネス

「ランバン」に新アーティスティック・ディレクター就任

「ランバン(LANVIN)」は7月10日付で、ブシュラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)「ランバン」前アーティスティック・ディレクターの後任に、オリヴィエ・ラピドス(Olivier Lapidus)が就任したことを発表した。9月に披露する2018年春夏コレクションが、ファースト・コレクションになる。

 オリヴィエは父親が創業したテッド ラピドス(Ted Lapidus)の元社長で、1985年から86年まで「バルマン オム(BALMAIN HOMME)」アーティスティック・ディレクターを務めた後、拠点を日本を含むアジアに移し、「メゾン ラピドス(MAISON LAPIDUS)」をディレクションしていた。2013年にパリのフェリシアンホテルのデザインを手掛け、最近ではオンライン上でクチュールハウスをローンチした。同クチュールハウスは、“SEE NOW,BUY NOW”に対応したランウエイショーをオンライン上で披露し、受注する。現在世界11言語に対応しており、ローカルチームによって採寸。注文した商品が完成までのフローをウェブ上で追うことができる。

 「ランバン」のウィメンズ・コレクションの注文は2ケタ減で、急速に落ち込んでいたという。また、ハンドバッグをビジネスの柱として確立できずにいた。

 パリの業界筋によれば、オリヴィエ就任のニュースは取締役会にとって衝撃的であったようで、2人が取締役会を離れることを決断したという。さらに、ブシュラとミッシェル・ウィバン(Michele Huiban)最高経営責任者の任命も、取締役会に相談なくワン・シャオラン(Shaw-Lan Wang)オーナーのほぼ独断で決めたとされている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら