ビジネス

マイケル・コースがヴェルサーチェの買収を完了 社名をカプリ ホールディングスに正式変更

 マイケル・コース ホールディングス(MICHAEL KORS HOLDINGS)は、2018年9月25日に発表したヴェルサーチェ(VERSACE)の21億ドル(約2310億円)での買収を同年12月31日に完了した。またこれを機に、19年1月2日付で社名をカプリ ホールディングス(CAPRI HOLDINGS以下、カプリ)に変更した。同社は17年にジミー チュウ(JIMMY CHOO)を12億ドル(約1320億円)で傘下に収めている。

 ジョン・アイドル(John Idol)=カプリ会長兼最高経営責任者(CEO)は、「ヴェルサーチェを傘下に収めたことにより、当社は世界有数のラグジュアリーファッショングループとなった。新社名はラグジュアリーな旅先として有名なイタリアのカプリ島にちなんで命名した」とコメントした。

 買収完了を受け、同社の株価は18年の取引最終日である同日に1%以上上昇したが、年間で見ると40%以上の下落となっている。同社はアジアへの出店を加速させているが、「ヴェルサーチェ」は単体で20億ドル(約2200億円)の売り上げが期待されており、主要ブランドである「マイケル・コース」の50億ドル(約5500億円)と合わせ、カプリ全体で売上高80億ドル(約8800億円)を目指す。

 アイドル会長兼CEOは、「『ヴェルサーチェ』は世界的なラグジュアリーブランドであり、イタリアならではのグラマラスなスタイルを象徴している。当社のファミリーに迎えることができて大変うれしく思っている」と付け加えた。なお、「ヴェルサーチェ」のチーフ・クリエイティブ・ディレクターは引き続きドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)が務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら