ビジネス

マイケル・コースがファインジュエリー事業に参入 決算会見でCEOが明らかに

 マイケル・コース ホールディングス(MICHAEL KORS HOLDINGS)の2018年3月期決算は売上高が前期比5.0%増の47億1860万ドル(約5143億円)、純利益が同7.3%増の5億9210万ドル(約645億円)で増収増益だった。

 増収増益にもかかわらず市場予想よりも業績が下回ったため、決算発表の5月30日の同社の株価終値は前日比11.4%減の60.41ドル(約6万5846円)に下落した。

 ジョン・アイドル(John Idol)同社会長兼最高経営責任者(CEO)は決算会見で「恒常通貨ベースでの既存店の売上高が減少したのは、ウオッチ・ジュエリーのカテゴリーの不調によるもの。しかし他のカテゴリーは好調だ。ファッションジュエリー事業を廃止してファインジュエリー事業に参入することで、店舗の平均単価を大幅に押し上げる」と今後の戦略を語った。

 また、17年7月に買収したジミー チュウ(JIMMY CHOO)については、今期は世界30店舗をオープンする他、アジアを中心にグローバルでのプレゼンスを高めるとし、アクセサリーのカテゴリーを成長の柱にするにあたり、「ジミー チュウ」のデザインチームを拡充したという。一方、「マイケル・コース」は今後2年間で世界の200店舗を改装する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら