ニュース

「シャネル」がビューティアンバサダーにバレエダンサーの飯島望未を起用 Koki,に続き2人目

 「シャネル(CHANEL)」は2019年1月から、ビューティアンバサダーにバレエダンサーの飯島望未を起用する。

 飯島は1991年生まれ、大阪出身。6歳からバレエを始め、13歳でニューヨークのバレエコンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位に入った。15歳で単身渡米し、翌年には米国5大バレエ団の一つであるヒューストン・バレエ団とプロ契約。2013年には米国のダンス雑誌で「今見るべき25人のダンサー」に選ばれ、14年には同バレエ団のソリストに昇格。現在もファースト ソリストとして活躍している。

 ダンサーとしての実力以外にも、洗練されたファッションやライフスタイルがファッション&ビューティ業界からも注目を集めており、これまで「シャネル」では “香りの世界観”をダンスで表現した16年の「シャネル N°5 ロー」、18年のウオッチコレクション「コード ココ」のアンバサダー、「ルージュ アリュール」「ヴィタルミエール グロウ」 のデジタルキャンペーンに起用。このたびのビューティアンバサダー就任に至った。

 なお、同ブランドのビューティアンバサダーには木村拓哉と歌手の工藤静香の次女で、モデルとして活躍するKoki,が9月から就任している。飯島はKoki,に続く2人目のアンバサダーとして、Koki,とは異なる角度からブランドの魅力をアピールしていく。