ビジネス

「シャネル」がビューティアンバサダーにバレエダンサーの飯島望未を起用 Koki,に続き2人目

 「シャネル(CHANEL)」は2019年1月から、ビューティアンバサダーにバレエダンサーの飯島望未を起用する。

 飯島は1991年生まれ、大阪出身。6歳からバレエを始め、13歳でニューヨークのバレエコンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位に入った。15歳で単身渡米し、翌年には米国5大バレエ団の一つであるヒューストン・バレエ団とプロ契約。2013年には米国のダンス雑誌で「今見るべき25人のダンサー」に選ばれ、14年には同バレエ団のソリストに昇格。現在もファースト ソリストとして活躍している。

 ダンサーとしての実力以外にも、洗練されたファッションやライフスタイルがファッション&ビューティ業界からも注目を集めており、これまで「シャネル」では “香りの世界観”をダンスで表現した16年の「シャネル N°5 ロー」、18年のウオッチコレクション「コード ココ」のアンバサダー、「ルージュ アリュール」「ヴィタルミエール グロウ」 のデジタルキャンペーンに起用。このたびのビューティアンバサダー就任に至った。

 なお、同ブランドのビューティアンバサダーには木村拓哉と歌手の工藤静香の次女で、モデルとして活躍するKoki,が9月から就任している。飯島はKoki,に続く2人目のアンバサダーとして、Koki,とは異なる角度からブランドの魅力をアピールしていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら