ニュース

シャネル・ネクサス・ホールで仏アーティストのジャン=ポール・グードの展覧会 告知フィルムにKoki,登場

 シャネル(CHANEL)は11月28日~12月25日、仏アーティストのジャン=ポール・グード(Jean-Paul Goude)の展覧会を東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホール(CHANEL NEXUS HALL)で開催する。開催に合わせ、グードが手掛けた自身のクリエイションの世界観を伝える告知フィルムを公式サイトで公開。同フィルムには、「シャネル」のビューティアンバサダーを務めるモデルのKoki,を起用した。Koki,はグードの世界観をまとったスタイルで登場し、展覧会の魅力をアピールしている。

 同展覧会は、シャネルとのコラボレーション作品の展示と、グードのパーソナルな作品の展示の2つのパートで構成。1つ目のパートには、「シャネル」のフレグランス「エゴイスト」や「ココ」「チャンス」のキャンペーンイメージなど選りすぐりのコラボレーション作品をラインアップする。2つ目のパートにはグードのドローイングやスケッチのプリントをはじめ、2017年に仏パリの総合文化施設「ポンピドゥー・センター」に展示したインスタレーションの巨大パノラマパネルを展示する。さらに、会場内のミニシアターではグードのこれまでの作品や活動をまとめた映像「So Far So Goude」を上映する。

 ジャン=ポール・グードは、写真、ダンス、映像、グラフィックデザインなど多分野にわたり活動。2018年4月に「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」で日本初の回顧展を開催した。シャネルとのコラボレーションは、1990年の男性用フレグランス「エゴイスト」からスタートし、2019年1月に登場する「チャンス オー タンドゥル オードゥ パルファム」のキャンペーンも手掛ける。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら