ファッション

シャネル・ネクサス・ホールで仏アーティストのジャン=ポール・グードの展覧会 告知フィルムにKoki,登場

 シャネル(CHANEL)は11月28日~12月25日、仏アーティストのジャン=ポール・グード(Jean-Paul Goude)の展覧会を東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホール(CHANEL NEXUS HALL)で開催する。開催に合わせ、グードが手掛けた自身のクリエイションの世界観を伝える告知フィルムを公式サイトで公開。同フィルムには、「シャネル」のビューティアンバサダーを務めるモデルのKoki,を起用した。Koki,はグードの世界観をまとったスタイルで登場し、展覧会の魅力をアピールしている。

 同展覧会は、シャネルとのコラボレーション作品の展示と、グードのパーソナルな作品の展示の2つのパートで構成。1つ目のパートには、「シャネル」のフレグランス「エゴイスト」や「ココ」「チャンス」のキャンペーンイメージなど選りすぐりのコラボレーション作品をラインアップする。2つ目のパートにはグードのドローイングやスケッチのプリントをはじめ、2017年に仏パリの総合文化施設「ポンピドゥー・センター」に展示したインスタレーションの巨大パノラマパネルを展示する。さらに、会場内のミニシアターではグードのこれまでの作品や活動をまとめた映像「So Far So Goude」を上映する。

 ジャン=ポール・グードは、写真、ダンス、映像、グラフィックデザインなど多分野にわたり活動。2018年4月に「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」で日本初の回顧展を開催した。シャネルとのコラボレーションは、1990年の男性用フレグランス「エゴイスト」からスタートし、2019年1月に登場する「チャンス オー タンドゥル オードゥ パルファム」のキャンペーンも手掛ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら