ファッション

立木義浩の写真展「Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ)」がシャネル・ネクサス・ホールで開催

 写真家の立木義浩は、9月1〜29日にシャネル・ネクサス・ホールで写真展「Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ)」を開催する。同展は日常のふとした光景のスナップを軸に、4人の女性とのフォトセッションを交えた最新作「Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ)」を展示する。作品はリアリティーと交錯する幻想的な世界をモノクロの写真で表現する。

 立木は1937年徳島県生まれ。58年に活動をスタートし、以後は広告やファッション、ポートレートなどの分野で活躍するかたわら、ライフワークとして作品を発表してきた。立木が写真作家として注目されたのは、65年に「カメラ毎日」の誌上で56ページにわたり掲載されたデビュー作品の「舌出し天使」。同作はハーフの女性モデルのナンセンスな日々をドキュメント風に撮影した作品だ。その後も、女優の加賀まりこがヒロインの映画「ヌーベルバーグ」の飾らないプライベートを撮影した「私生活」(71)や、アメリカ旅行中に変わりゆく大国の姿を捉えた「マイ・アメリカ」(80)、家族の絆が感じられる“瞬間”を収めた「家族の肖像」(90)、スナップショットの手法で日常の一瞬をあぶり出した「風の写心気」(2006)などの写真集を出版している。 今年の秋には、かつての作品に未収録のカット24点を加えた「舌出し天使」が新たに出版される予定だ。

■Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ)
日時:9月1~29日
時間:12:00~19:30※14日は17:00まで
定休日:無休
場所:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階
入場料:無料

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら