ファッション

「シャネル」のグード展覧会パーティーに山田優、鈴木えみなどセレブリティー来場

 「シャネル(CHANEL)」は仏アーティストのジャン=ポール・グード(Jean-Paul Goude)の展覧会を、東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホール(CHANEL NEXUS HALL)でスタートした。オープニングパーティーにはモデルで女優の山田優や歌手のCrystal Kay、加藤ミリヤ、デザイナーとしても活動する鈴木えみ、マドモアゼル・ユリアなど多くのセレブリティーが「シャネル」のアイテムを着用し来場。グードも来日し、「こうやって話すのは緊張するが、お酒が進めば歌でも歌うかも」とジョークを交えながらスピーチを行い、パーティーを盛り上げた。

 グードと「シャネル」の関係は、1990年の男性用フレグランス「エゴイスト(EGOIST)」からスタートし、ヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis)が小鳥に扮し、鳥かごの中で歌うフレグランス「ココ(COCO)」92年のCM、2019年1月に登場する「チャンス オー タンドゥル オードゥ パルファム(CHANCE EAU TENDRE PARFUM)」キャンペーンなど、長年にわたり深い関わりを持つ。

 そんなグードの作品が集結し、告知フィルムにビューティアンバサダーを務めるモデルのKoki,が起用された同展覧会は、シャネルとのコラボレーション作品の展示と、パーソナルな作品の展示の2つのパートで構成。会場内のミニシアターでは、グードの半生やアート活動、グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)を始めとした彼のミューズのまつわるエピソードなどをまとめた映像を上映する。

■ジャン=ポール グード展覧会「In Goude we trust!」
日程:11月28日~12月25日
開場時間:12:00〜19:30
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング 4階
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら