ファッション

「シャネル」が代官山に期間限定店オープン クルーズ気分を盛り上げるアイテム満載

 「シャネル(CHANEL)」は11月23日~12月16日まで、代官山T-SITE GARDEN GALLERYで2019年プレ・スプリング・コレクションの期間限定ブティックをオープンする。

 5月にパリで発表したショーの演出にも採用した豪華客船のイメージに和のイメージを融合した店内は、2階分の天上高を生かした開放的な雰囲気。壁に描かれた「ラ パウザ」の文字はマドモアゼル シャネルが建てた別荘にちなんで名づけられた豪華客船を意味している。ブティックへ続く小道には赤と黒の竹をモチーフにした約1000個の行燈が建てられ、内観は壁一面に障子の格子をイメージした装飾を施すなど日本ならではの演出が印象的だ。

 ワイドのセーラーパンツやパステルカラーのニット、救命ブイ風のバッグなど明るい太陽の下の船旅をイメージするアイテムのほか、国内では同ブティックのみで扱うバッグやカラフルなチェーン付きポーチ、スマートフォンケースなどの限定品もある。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら