ファッション

“ホテル ヴィヴィエ”にマギーやすみれが来場 「ロジェ ヴィヴィエ」が新作を大正ロマン香る有形文化財で発表

 「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」は11月19日、2019年春夏コレクションのプレゼンテーションを東京・九段北にあるkudan houseで披露した。

 披露されたのは、18年3月にクリエイティブ・ディレクターに就任したゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)が手掛けるデビューコレクションで、19年春夏パリ・ファッション・ウイーク期間中に、パリ5区にある洋館をホテルに見立てて“ホテル ヴィヴィエ(HOTEL VIVIER)”と名付けた空間で初披露したもの。今回、東京のプレゼンテーションにも“ホテル ヴィヴィエ”のコンセプトを用いた。

 東京版“ホテル ヴィヴィエ” の会場となったkudan houseは1927(昭和2)年に建てられ、2018年5月に有形文化財に登録された旧山口萬吉邸をリノベーションした建築物。琴や三味線の奏者や書道家、盆栽家の女性がバッグやシューズを展示した部屋で実演しており、それぞれが着用していた和服のスタイリングは、マドモアゼル・ユリアが手掛けたという。

 当日はマギーや福士リナ、すみれなど多くのゲストが来場し、“ホテル ヴィヴィエ”の世界を堪能した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら