ファッション

“ホテル ヴィヴィエ”にマギーやすみれが来場 「ロジェ ヴィヴィエ」が新作を大正ロマン香る有形文化財で発表

 「ロジェ ヴィヴィエ(ROGER VIVIER)」は11月19日、2019年春夏コレクションのプレゼンテーションを東京・九段北にあるkudan houseで披露した。

 披露されたのは、18年3月にクリエイティブ・ディレクターに就任したゲラルド・フェローニ(Gherardo Felloni)が手掛けるデビューコレクションで、19年春夏パリ・ファッション・ウイーク期間中に、パリ5区にある洋館をホテルに見立てて“ホテル ヴィヴィエ(HOTEL VIVIER)”と名付けた空間で初披露したもの。今回、東京のプレゼンテーションにも“ホテル ヴィヴィエ”のコンセプトを用いた。

 東京版“ホテル ヴィヴィエ” の会場となったkudan houseは1927(昭和2)年に建てられ、2018年5月に有形文化財に登録された旧山口萬吉邸をリノベーションした建築物。琴や三味線の奏者や書道家、盆栽家の女性がバッグやシューズを展示した部屋で実演しており、それぞれが着用していた和服のスタイリングは、マドモアゼル・ユリアが手掛けたという。

 当日はマギーや福士リナ、すみれなど多くのゲストが来場し、“ホテル ヴィヴィエ”の世界を堪能した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら