ファッション

エディ・スリマンがパリメンズに復帰 「セリーヌ」でランウエイショー

 エディ・スリマン(Hedi Slimane)手掛ける「セリーヌ(CELINE)」が2019年1月、パリ・メンズ・コレクションでランウエイショーを開催する。ブランドのスポークスマンが19日に発表した。日程は、追って発表する。ウィメンズ・コレクションも含まれるかなどについて、スポークスマンはコメントしていない。

 近年は「グッチ(GUCCI)」や「バレンシアガ(BALENCIAGA)」を筆頭に男女合同のコーエドショー(Co-Ed Show)が増えているが、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(Moet Hennessy Louis Vuitton)の戦略は一線を画している。ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や、キム・ジョーンズ(Kim Jones)の「ディオール(DIOR)」のランウエイショーは、メンズ単体ながら壮大な規模感。

 さらに同社は最近、同じくグループブランド「ジバンシィ(GIVENCHY)」もパリメンズに復帰すると発表した。クレア・ワイト・ ケラー(Clare Waight Keller)によるコレクションは1月16日、プレゼンテーション形式で発表予定のようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。