ビジネス

“黒のビオレ”がアメリカから上陸 毛穴ケアに特化した3製品

 花王はこのほど、アメリカで展開する「USA Biore」の人気アイテム3製品を日本でも発売した。ブランドの中でも人気がある竹炭成分を配合したアイテムを日本用にアレンジし、ビオレ洗顔料「ブラック リキッド(BLACK LIQUID)」2種と毛穴パック「ブラック ポアストリップス(BLACK PORE STRIPS)」を、“黒のビオレ”として打ち出していく。

 スキンケアブランド「ビオレ」は、1980年に日本で誕生し、現在は世界62の国と地域で販売している。「USA Biore」は1997年から、毛穴パックを中心にフェイスケア製品をアメリカで販売。同国のフェイシャルクレンザーカテゴリーで売り上げ上位になるなど支持されている。ブランド担当者は、「アメリカでは、毛穴の黒ずみをきれいにする働きのある竹炭成分を配合したアイテムが人気。日本でも毛穴パックなどは発売しているが、より効率的に皮脂汚れを落とせるパーソナルケアとして今回3製品を導入した。ブランドの中でも竹炭を使用した“黒のビオレ”として位置づけ、今後はアジアでの展開も予定している」と語った。

 日本では、小鼻の黒ずみの原因となる余分な皮脂にアプローチするアイテムを発売。毛穴の黒ずみ汚れが気になる人に向けた洗顔料「ブラックリキッド フェイシャルクレンザー クール」と、ニキビを防ぎたい人に向けた洗顔料「ブラックリキッド フェイシャルクレンザー」、毛穴の角栓を除去する毛穴パック「ブラック ポアストリップス」を展開している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら