ファッション

任意清算の「ヴィオネ」 サステイナビリティーを掲げ再出発を図る 

 任意清算に着手すると発表した「ヴィオネ(VIONNET)」は、事業を再構築して再出発を図る。ゴーガ・アシュケナージ(Goga Ashkenazi)会長兼クリエイティブ・ディレクターは、今後のブランドの方向性はサステイナビリティーだと語った。「生産地はこれまで通りイタリアだが、製造工程をドラスティックに変えていく。当社のサステイナビリティー戦略をサポートしてくれる投資家との交渉を進めている」と話した。本拠地は変わらずミラノに置くという。任意清算に関する財務の詳細についてのコメントは控えた。

 1~2シーズンの休止を経て、その後はコンセプチュアル・コレクションに的を絞り、既存のファッション・ウイークには参加しないという。この戦略の一環としてパリの旗艦店を改装する。

 アシュケナージ会長兼クリエイティブ・ディレクターのサステイナビリティー重視は、「ヴィオネ」が5月にアーティストのマーク・クイン(Marc Quinn)とコラボした“サステイナブル サーフ” カプセルコレクションにも表れていた。同コレクションでは、クインの作品であるカラフルなプラスチックバッグを組み合わせて作られたボート「ラフト・ペインティングズ」に着想を得て、コートやドレス、ブラウス、フーディー、ジャンプスーツなど340点を発売した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら