フォーカス

「アキコアオキ」が渋谷のホテルの一室でプレゼンテーション 知的で少し色っぽい女性像

 青木明子がデザインするウィメンズブランド「アキコアオキ(AKIKO AOKI)」が、10月15日に開幕する「アマゾン ファッション ウィーク東京」に先駆けて、2019年春夏のプレゼンテーションを行った。従来はランウエイショー形式で発表してきたが、「ショーとは違う、身近な環境の中で見せたかった」という青木が今回選んだ会場は、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルの一室。そこに滞在する、知的でセンシュアルな女性像を浮かびあがらせた。

 部屋に足を踏み入れると、薄暗いリビングでモデルたちがソファに座っている。身に着けているのは、細かなドット柄のファブリックにギャザーを寄せて体のラインに沿わせたドレスや、中に合わせたブラトップがのぞくシアーなトップス。微動だにしないモデルの奥で、人影の映像が動く。続くベッドルームには、ランジェリードレスやパンプスが脱いだままに残され、花が飾られたバスルームには化粧品やピルケースが使いかけで並ぶ。

 ウォークインクローゼットに並ぶ服は、メンズウエアを象徴するスーツやシャツをアレンジすることで、かえって女性らしさを強調するという青木らしいアプローチを生かしたドレスやトップス。1990年代のムードが漂う、薄地のスポーティーなトップスなどはブランドとして新鮮なアイテムだ。

 「ホテルは不特定多数に向けた場所なのに、その日だけは私だけのものになる。(人に対して開かれた)フラットさと、プライベートな感覚が混在している点にひかれた」と青木。静かに座っているモデルたちの奥で人影が動くという対比は、かつて部屋に滞在していた誰かを想起させるものだ。

 リアリティーの提案の一環として「どういった環境で人が服を着たいと思うのか」という背景までを見せることをこの間追求している。そうした考えから、前シーズンは観客の前でモデルたちが着替えていく変則的なショーを行った。今回のプレゼンテーションもその延長上にある。

 今季から「アキラ ナカ(AKIRA NAKA)」などの人気ブランドも扱うセールス・エージェントのハルミ ショールームに所属した。新規の卸先開拓に力を入れ、注目の新進ブランドという現状の立ち位置からの前進を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら