ビジネス

「THREE」とメンズブランドを集積する初のコンセプトショップがオープン

 「THREE」を擁するACROは11月21日、「THREE」とメンズ総合ブランド「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」を扱う初の路面コンセプトショップ「センソーリアム スリー(SENSORIUM THREE)」を丸の内にオープンする。

 同社は、丸の内エリアが2020年の東京オリンピックで多くの訪日外国人が訪れる地域であり、オフィス街であることから出店を決定した。約115平方メートルの売り場に、2ブランドのスキンケアやメイク、ネイル、ヘアケアなどを扱い、ブランド構成比は半々。

 ショップではワークショップやカウンセリングなどオリジナルコンテンツも用意する他、トリートメントルームやタッチアップルームも備え、よりパーソナルなコト体験を提供する。「『THREE』のメンズスキンケアを含めて体験できるボーダレスショップとなる」と御後章ACRO社長は語る。

 また「FIVEISM × THREE」は、10月16~22日にゼロベース表参道でポップアップストアをオープンする予定だ。

■SENSORIUM THREE
住所:東京都千代田区丸の内2-5-1
営業時間:11:00〜20:00

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら