ビジネス

「リー」「ラングラー」を分社化 米VFコープはライフスタイルブランドに注力

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ティンバーランド(TIMBERLAND)」「ヴァンズ(VANS)」などのブランドを擁する米VFコープ(VF CORP)は、ジーンズブランド「リー(LEE)」と「ラングラー(WRANGLER)」を別会社化する。

 2017年12月期のジーンズカテゴリーの売上高は前期比3%減の27億ドル(約2970億円)、営業利益が同15%減の4億2190万ドル(約460億円)だった。ブランド別に見ると、「リー」は売上高が同6%減、「ラングラー」は同1%減だった。

 「ヴァンズ」(同19%増)、「ザ・ノース・フェイス」(同4%増)、「ティンバーランド」(同2%増)などのブランドは引き続きVFコープが保有する。

 スティーブ・レンドル(Steve Rendle)VFコープ会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は「これまでの成長を土台に組織を2つに分け、それぞれがグローバルに成長する体制にする。今回の決断は弊社の戦略に沿ったものであり、この組織編制によってVFコープは小売り視点を持ったライフスタイルブランドをメーンに展開する。ジーンズカテゴリーは世界的にも認知度の高いブランド力を強みに、安定したビジネスを継続させ、独立した企業として新たな価値を創造していく」と語った。

 今回の新会社設立は、同社の取締役会などの承認を得た上で19年前半に実施される。VFコープは引き続きレンドル会長兼社長兼CEOの下で運営され、ジーンズ専門の新会社はスコット・バクスター(Scott Baxter)がCEOに、ラスティン・ウェルトン(Rustin Welton)が最高財務責任者にそれぞれ就任する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら