ビジネス

ゴールドウイン4〜6月期で20%増収 「ザ・ノース・フェイス」勢い続く

 ゴールドウインの2018年4〜6月期連結業績は、売上高が前年同期比19.7%増の148億円になった。引き続き「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」「ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)」を主力としたアウトドアブランドが強力にけん引した。春から初夏にかけての好天が味方してカットソーやショートパンツが活発に動いた他、バックパックなどのアクセサリー類が売れた。加えて「エレッセ(ELLESSE)」「ダンスキン(DANSKIN)」といったアスレチックブランドも堅調だった。

 営業利益は同2.3倍の11億円。大幅増収に加えて、直営店やECの販売比率の拡大、返品や値引きの販売ロスの削減によって、粗利益率が1.2ポイント改善した。販管費は18%増えているが、粗利益の増加がそれを大きく上回った。純利益は同42.8%増の5億8800万円だった。

 好業績を受けて18年4〜9月期連結業績予想を上方修正した。修正後は売上高328億円(修正前は318億円)、営業利益21億円(同16億円)、純利益11億円(同10億円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら