ビジネス

オーダー服「ゾゾ」、今度はブラジャーと靴 前澤社長がツイッターで人材募集

 ネット通販モール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を展開するスタートトゥデイはプライベートブランド「ゾゾ(ZOZO)」で、ブラジャーとシューズをスタートするようだ。前澤友作・社長がツイッターを通じ、両アイテムの経験者の人材募集を告知した。

 PB「ゾゾ」は全身タイツのような測定用スーツ「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)」を無料で配布し、ユーザーの体型にぴったりなアイテムの販売を打ち出してきた。現在はジーンズ、Tシャツに加え、7月3日にスーツとドレスシャツの販売をスタートしたばかり。ブラとシューズ、いずれも給与は300万〜1000万円で、商品企画やパタンナー、生産管理のいずれかの分野5年以上の経験者になっている。応募期間は8月13日まで。

 同社がPB「ゾゾ」でスーツの販売を発表した7月3日には、スーツ関連企業の株価が急落していた。今回もインナー関連企業の株価にどのような影響がでるのか、注目が集まりそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら