ニュース

ファンケルがインバウンド需要拡大で業績予想を上方修正

 ファンケルは2019年3月期の連結業績予想を上方修正した。修正後は売上高が1220億円(修正前は1145億円)、営業利益が122億円(同95億円)、経常利益が123億円(同96億円)、純利益が84億円(同66億円)となる。主力商品の「マイルドクレンジングオイル」など基礎化粧品や、「カロリミット」などサプリメントの好調に加え、インバウンド需要が想定を大幅に上回り推移した。

 来期以降の成長をより強固にするため、下期にマーケティング費用を中心に15億円規模の追加投資を実施する他、業績好調に伴う賞与の増額なども今回の業績予想値に織り込んでいる。