ニュース

ファストリと島精機が戦略的パートナーシップを発表 次世代ニット商品の開発加速

 「ユニクロ(UNIQLO)」を展開するファーストリテイリングと横編みニット機大手の島精機製作所は13日、戦略的パートナーシップを締結し、中長期的で包括的なニット商品の開発と技術革新に取り組むと発表した。両社はすでに無縫製ニット「ホールガーメント(WHOLEGARMENT)」機による“3Dニット”の生産のため、合弁会社イノベーションファクトリーを2016年10月に折半出資していた。島精機はリリースの中で「『ホールガーメント』商品の製造に関してはファーストリテイリングを唯一無二のパートナーとして取り組んでおり、その事業を拡大していく」とコメントしている。島精機の「ホールガーメント」に関しては、先日「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイもプライベートブランド「ゾゾ(ZOZO)」で、「ホールガーメント」商品の開発を進めていることを明らかにしていた。

 イノベーションファクトリーは和歌山市にある島精機の本社工場の敷地内にあり、そこで開発・生産した“3Dニット”を“ユニクロユー(UNIQLO U)”で販売していた。両社は今後そうしたノウハウを活用し、アジアでの生産に加え、最終消費者と「ホールガーメント」を直結させたオンデマンド生産も推進する。

 「ホールガーメント」機は縫製のいらない画期的な横編み機として、1995年に発表。その後、デジタルCADの開発も同時並行で進め、ここ数年は世界的なデジタル・サプライチェーン改革の後押しを受け、中国やアジア、イタリアを中心に販売が急増していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら