ビジネス

デザイナー交代が続く「ブリオーニ」のクリエイティブ・ディレクターが1年で退任

 ケリング(KERING)傘下の伊メンズブランド「ブリオーニ(BRIONI)」は、ニーナ・マリア・ニーチェ(Nina-Maria Nitsche)=クリエイティブ・ディレクターが退任することを7月27日に明らかにした。6月に発表した2019年春夏コレクションがニーチェ=クリエイティブ・ディレクターのラストコレクションとなった。後任は未定。

 16年10月に退任したジャスティン・オシェイ(Justin O’Shea)の後任としてニーチェは17年6月に同職に就任した。オシェイ=前クリエイティブ・ディレクターはラグジュアリーECサイトの「マイテレサ(MYTHERESA)」のグローバル・ファッション・ディレクターを務め、主にウィメンズウエアを監修していたがデザインの経験がなく、就任から約半年で退任した。オシェイ以前は12年から16年までブレンダン・ミューラン(Brendan Mullane)がクリエイティブ・ディレクターを務めていた。

 ニーチェは1989年に「メゾン マルタン マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA、現メゾン マルジェラ)」に入社し、約23年間マルタン・マルジェラ本人と共に働き、マルジェラの退任後は同ブランドのクリエイティブ・ディレクションを手掛けていた。また、2016年9月には同じく「マルジェラ」出身のデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)がヘッドデザイナーを務める「ヴェトモン(VETEMENTS)」のチームに加わったが、17年のスイス・チューリッヒへの本社移転を機にブランドを離れた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら