ビジネス

デザイナー交代が続く「ブリオーニ」のクリエイティブ・ディレクターが1年で退任

 ケリング(KERING)傘下の伊メンズブランド「ブリオーニ(BRIONI)」は、ニーナ・マリア・ニーチェ(Nina-Maria Nitsche)=クリエイティブ・ディレクターが退任することを7月27日に明らかにした。6月に発表した2019年春夏コレクションがニーチェ=クリエイティブ・ディレクターのラストコレクションとなった。後任は未定。

 16年10月に退任したジャスティン・オシェイ(Justin O’Shea)の後任としてニーチェは17年6月に同職に就任した。オシェイ=前クリエイティブ・ディレクターはラグジュアリーECサイトの「マイテレサ(MYTHERESA)」のグローバル・ファッション・ディレクターを務め、主にウィメンズウエアを監修していたがデザインの経験がなく、就任から約半年で退任した。オシェイ以前は12年から16年までブレンダン・ミューラン(Brendan Mullane)がクリエイティブ・ディレクターを務めていた。

 ニーチェは1989年に「メゾン マルタン マルジェラ(MAISON MARTIN MARGIELA、現メゾン マルジェラ)」に入社し、約23年間マルタン・マルジェラ本人と共に働き、マルジェラの退任後は同ブランドのクリエイティブ・ディレクションを手掛けていた。また、2016年9月には同じく「マルジェラ」出身のデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)がヘッドデザイナーを務める「ヴェトモン(VETEMENTS)」のチームに加わったが、17年のスイス・チューリッヒへの本社移転を機にブランドを離れた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら