ファッション

「ブリオーニ」デザイナーが6カ月でスピード退任 業界から困惑の声

 「ブリオーニ(BRIONI)」は10月4日、3月に起用したばかりのジャスティン・オシェイ(Justin O'Shea)=クリエイティブ・ディレクターの退任を発表した。後任は決まっていない。

 オシェイはブレンダン・ミューラン(Brendan Mullane)の後任として起用された。その前はラグジュアリーECサイトのマイテレサ(MYTHERESA)のグローバル・ファッション・ディレクターを務め、主にウィメンズウエアを監修していた。その頃から「ブリオーニ」のスーツを愛用しており、ジャンルーカ・フローレ(Gianluca Flore)=ブリオーニ最高経営責任者(CEO)により直接起用された。

 オシェイはブランドに新しい風を吹き込むべく、6月のミラノ・メンズ・コレクションではなく、7月のパリ・オートクチュール・コレクション期間中に“すぐ買える”コレクションを発表。「ブリオーニ」の旗艦店および公式オンラインストア、一部の小売店で即発売した。広告キャンペーンモデルにヘビーメタルバンドのメタリカ(Metallica)を起用し、ブランドロゴもゴシック調に変えるなど、従来の「ブリオーニ」とはかけ離れたロックテイストを起用した。デザインの専門知識や経験を持っていなかった彼に対し、業界からは非難の声も上がった。

 フランチェスコ・ペッシ(Francesco Pesci)前ブリオーニCEOは「オシェイのコレクションはブランドアイデンティティーと合っていなかった。彼は今回ファッション性の高いピースを発表した。確かに以前はファッショナブルなコレクションも発表していたが、1970年代以降はクラフツマンシップと最高品質の素材を生かした、メンズのラグジュアリーブランドとして40年以上続いてきた」と辛口にコメント。他にもロゴの変更や1年に2回も後任を決めずにデザイナーが退任したこと、ブランドの歴史を無視したことなど、ブランドに対する批評が集まっている。発表時期をずらしたことでコレクションを見られなかったバイヤーからも不満の声が上がった。

 なお、2017-18年秋冬コレクションは16年11月中旬にミラノのショールームでバイヤー向けに発表し、ランウエイショーは行わない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら