ビジネス

MTG上場初日終値は7350円 マザーズ上場企業ではメルカリに次ぐ時価総額

 トレーニング機器「シックスパッド(SIXPAD)」など健康・美容機器を販売するMTG(名古屋市、松下剛・社長)は10日、東証マザーズに新規上場した。

 買いが殺到し、午前9時43分に公開価格の5800円を22%上回る7050円の初値をつけ、終値は7350円だった。当日の高値は7580円、安値は7000円だった。終値での時価総額は2840億円になり、マザーズ市場では6月に上場したメルカリ(MERCARI)の6164億円に次ぐ第2位になった。

 同社は1996年の設立。ビューティブランド「リファ(REFA)」のローラー美顔器や、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)選手が開発パートナーを務め、6月には初のトレーニングジムもオープンした「シックスパッド」、歌手のマドンナ(Madonna)と共同開発したスキンケアブランド「MDNA スキン(MDNA SKIN)」など、さまざまなビューティ、ウェルネスブランドを持つ。2017年9月期の連結業績は、売上高が453億円、営業利益が57億円、経常利益61億円、純利益が43億円だった。

 今年5月31日に上場承認を発表。時価総額は約2000億円と予想され、メルカリに次ぐ大型案件と注目を集めていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら