ビジネス

メルカリ上場初日終値は5300円 山田会長「国を超えた世界的マーケットプレイスへの第一歩」

 フリマアプリ「メルカリ(MERCARI)」を運営するメルカリが19日、東京証券取引所マザーズに株式を新規上場した。株価は初値が5000円、高値が6000円、初日終値が5300円だった。午前9時の取引開始から買い注文が殺到し、午前11時頃に公募株価格の3000円を大きく上回る初値がついた。終値で計算した時価総額は約7170億円で、今年上場した企業では最大。

 創業者でもある山田進太郎・会長は記者会見で、「ようやく一歩を踏み出した。(株価に対して)高い評価をしていただいたということなので、気を引き締めてやっていきたい。上場を通じて、テックカンパニーとして世界を目指す。ここ最近はテクノロジーに力を入れているが、こうしたプロダクトが世界展開の武器になるだろう。国を超えた世界的なマーケットプレイスを目指したい」とコメント。今後も人材とテクノロジー、海外事業に投資をしていく考えを示した。

 国内ではユーザー数拡大と1人あたりの売り上げ向上とともに、メルカリが持つデータ・決済サービスを活用した外部との連携を目指す。具体的にはメルカリ内で売買に用いてきた通貨(メルペイ)をオフラインや金融商品に対しても使えるような取り組みを計画する。創業当初から力を入れてきた海外事業では、アメリカでの黒字化・成長を機に、現地化をキーワードに世界進出を狙う。まずはシステムなどが整った先進国を皮切りに、数十年かけて新興国への進出も検討しているという。

 なお、17年6月期の通期決算は、売上高が前期比80%増の220億円、経常損失が27億円、純損失が42億円だった。「メルカリ」の累計ダウンロード数は18年3月時点で1億800万。国内の月間流通額は同時点で324億円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。