ビジネス

メルカリが上場を正式発表、6月19日にマザーズ上場へ

 フリマアプリ「メルカリ(MERCARI)」を運営するメルカリが、東京証券取引所のマザーズへの株式上場が承認されたことを発表した。上場日は6月19日。これまで上場が何度も噂されてきた同社だが、正式なアナウンスはこれが初めて。時価総額は2000億円を超えると予想される。

 創業者でもある山田進太郎・会長は、人・テクノロジー・海外への投資を3本軸とした上で、「安心・安全に誰もが楽しんでいただける『いいプロダクトをつくる』ことを追求し、日本を代表する企業になっていきたいと考えている。失敗を恐れずに、大胆に」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら