ビジネス

「プロエンザ スクーラー」と「ランコム」がコラボ メイクアップコレクションを7月に発売

 「プロエンザ スクーラー(PROENZA SCHOULER)」は、「ランコム(LANCOME)」とコラボした限定メイクアップコレクションを7月に発売する。

 「プロエンザ スクーラー」を手掛けるデザイナーデュオ、ジャック・マッコロー(Jack McCollough)とラザロ・ヘルナンデス(Lazaro Hernandez)は、「『ランコム』はラグジュアリーなビューティ製品の代表格だ。そんな歴史あるアイコニックなブランドとコラボできるなんて、夢が叶ったようだ」と語る。2人はゼロから今回のコラボコレクションを作り上げるという。

 一方、ランコム インターナショナル(LANCOME INTERNATIONAL)のフランソワーズ・レイマン(Francoise Lehmann)=ジェネラル・マネジャーは、「プロエンザ スクーラー」を「“エンパワーメント”というキーワードが中心にある、強く自由な女性のためのブランド。これは『ランコム』のDNAと一致している」と評す。

 「ランコム」はこれまで、「オランピア・ル・タン(OLYMPIA LE-TAN)」「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」「ジャックムス(JACQUEMUS)」、アルベール・エルバス(Alber Elbaz)、アンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)などのブランドやデザイナーとコラボしてきた。

 なお「プロエンザ スクーラー」は、ランコムの親会社、ロレアル(L'OREAL)とフレグランスのライセンス契約を締結している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら