ファッション

「ヴェトモン」がクチュール期間中にカムバック 2019年春夏メンズ・ウィメンズを発表

 デムナ・ヴァザリア(Denma Gvasalia)が手掛ける「ヴェトモン(VETEMENTS)」は、7月1〜5日に開催されるパリ・オートクチュール・コレクション期間中の1日17時30分(現地時間)に、2019年春夏のメンズとウィメンズのコレクションをオフスケジュールで発表する。

 「ヴェトモン」はこれまで、16-17年秋冬コレクションと17-18年秋冬コレクションはパリ・オートクチュール・コレクション期間中に、18-19年秋冬コレクションはパリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中に発表している。ショーの開催場所はこれまでゲイクラブや中華料理店、パリのアンティークマーケットなど前例のない会場で開催しているが、今回はショーの約1週間前に発表される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら