ファッション

「NARS」が「アーデム」とコラボ “影のある花”が着想源の艶やかなコレクション

 「NARS」は2月19日、「アーデム(ERDEM)」とのコラボコレクション「Erdem for Nars Strange Flowers」を、「アーデム」2018-19年秋冬コレクションのランウエイで公開した。

 コレクションは“影のある花”を着想源に、リップやチーク、アイシャドーパレットなど、全14アイテムをそろえる。パッケージにはアーデム・モラリオグル(Erdem Moralioglu)=デザイナーがこのコラボコレクションのためにデザインしたフラワープリントが施されている。

 アーデムは、このコラボコレクションを「さまざまなアイデアをどこまでプロダクトやカラーで表現できるかについて考え、自分の美学を探求できたためとても楽しかった。新しいピグメントやパレットなどとともに、コスメ自体を開発できたのも面白い体験だった」と振り返る。同コレクションではこれまで「NARS」が発売したことがなかったリップパウダーパレットもラインアップする。

 価格帯は、15ポンド(約2200円)のあぶらとり紙から35ポンド(約5200円)のアイシャドーパレットとリップパウダーパレットまで。セルフリッジ(SELFRIDGES)で4月15日に先行発売し、5月1日にイギリス全土で発売する。なお、「NARS」は13年から「アーデム」のランウエイショーのメイクを手掛けてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。