ファッション

「NARS」が「アーデム」とコラボ “影のある花”が着想源の艶やかなコレクション

 「NARS」は2月19日、「アーデム(ERDEM)」とのコラボコレクション「Erdem for Nars Strange Flowers」を、「アーデム」2018-19年秋冬コレクションのランウエイで公開した。

 コレクションは“影のある花”を着想源に、リップやチーク、アイシャドーパレットなど、全14アイテムをそろえる。パッケージにはアーデム・モラリオグル(Erdem Moralioglu)=デザイナーがこのコラボコレクションのためにデザインしたフラワープリントが施されている。

 アーデムは、このコラボコレクションを「さまざまなアイデアをどこまでプロダクトやカラーで表現できるかについて考え、自分の美学を探求できたためとても楽しかった。新しいピグメントやパレットなどとともに、コスメ自体を開発できたのも面白い体験だった」と振り返る。同コレクションではこれまで「NARS」が発売したことがなかったリップパウダーパレットもラインアップする。

 価格帯は、15ポンド(約2200円)のあぶらとり紙から35ポンド(約5200円)のアイシャドーパレットとリップパウダーパレットまで。セルフリッジ(SELFRIDGES)で4月15日に先行発売し、5月1日にイギリス全土で発売する。なお、「NARS」は13年から「アーデム」のランウエイショーのメイクを手掛けてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら